トロフィーの大きさを選ぶ基準

トロフィーを買いに行く

様々な競技の中で優秀な成績を残した人だけに贈られるトロフィー。賞状と同様にもらったら非常に嬉しいものです。しかしこのトロフィーですが、どこに売っているか知らない人も多いのではないでしょうか。もし大会を主催する立場となってトロフィーが必要な場合の時に備えてどこで購入するかを知っておきましょう。実はこのトロフィーはそういったものを販売する店舗があるのです。例えばトロフィー以外にもメダルや賞状といったものを販売してたり、店舗以外にもネットによる注文を受けたりしているのです。近くに店舗がない場合はインターネットを利用する手もあります。また一部のスポーツショップや工芸店でも買えたりする場合もあるので問い合わせが必要です。

トロフィーの大きさはどのくらいがいいのか

では販売先はわかりましたが実際トロフィーを買うのに必要なものは何でしょうか。まず一つは刻印です。いわば大会名や順位などを明記する必要があります。そしてもう一つはトロフィーの大きさです。トロフィーの大きさでは比較するものがないので迷ってしまう事があります。基本的には全国規模で大きな大会をするのであれば大きいサイズが必要になりますし、規模が小さいものであれば片手でもてるくらいの大きさのものが妥当です。大きいものであれば1m以上の物や小さい物であれば50cm以下くらいの物が妥当です。お店によってはカタログがあるので適切な物を選びましょう。またトロフィーに付ける紐なども別で費用がかかることもあります。以上、この事を理解しておけばスムーズに大会の運営もできますので覚えておきましょう。