多様なトロフィーの大きさを用途に合わせて選ぼう

トロフィーの意味について

主にスポーツの試合や競技などの大会において優勝者や準優勝者、入賞者などに授与されるカップ、盾、像などの総称がトロフィーです。多くの場合、一見してそのトロフィーの大きさによって優勝者と準優勝者、それ以下について見分けることができます。トロフィーの由来は戦争で敵から奪った鎧や兜、盾などを戦利品として飾る慣習からきていると言われ、勝利の女神に祝福された勝者を称える儀式的な意味合いももっています。現代でも大会などにおいて、もらう側はトロフィーをもらうことによってその大会に功績を残したことをあらわし、トロフィーを手にすることによって多くの喜びを手に入れ、同時に授与する大会主催側にとっても大切な大きな意味を持つ重要な存在であると言えます。

トロフィーの大きさを選ぼう

もらった人も抱えることができないような特大級の大きさのものから、手のひらにのってしまいそうなミニサイズのものまで、トロフィーの大きさには様々な種類があります。受け取る側からいえば、やはり大きければ大きいほど嬉しいのがトロフィーです。それを受け取る資格を得るために重ねてきた今までの努力や苦労の大きさも、手にしたトロフィーの大きさにあらわれているような気持ちがするでしょう。大会主催側はできることならより大きなトロフィーを優勝者に用意しておくことをおすすめします。卓上に気軽に乗せることのできるごく小さなミニサイズのものは入賞者には記念品としても喜ばれます。たくさんの種類があるトロフィー、大事な大会のシンボルとして、受け取る側のことも考えながら選びたいものです。